2016年03月01日

ブルンジ ヤンダロCWS

標高:1800m
精製方法:フリーウォシュド
品種:ブルボン
yanndaro.png

ブルンジ共和国は中部アフリカの内陸に位置し北にルワンダ、西にコンゴ民主共和国、東にタンザニアと国境を接しています。2012年8月、ブルンジでアフリカではルワンダに続き二カ国目となるカップオブエクセレンス(第一回ブルンジCOE)が開催されました。ルワンダ同様に農園毎ではなくウォッシングステーション単位での応募となり、国内審査、国際審査を経て27のLOTがカップ・オブ・エクセレンスの称号を手にしました。

ヤンダロ 水洗処理工場は1986年に建設され、1988年より稼働を始めました。当水洗処理場の名前はヤンダロ渓谷の中に位置することから由来し、国立公園として指定されるキビラ熱帯雨林が近隣に位置しています。チェリーは一粒ずつ丁寧に摘み取られ水洗処理にかけられます。ヤンダロ工場は品質向上を目指し生産管理に力を入れております。発酵行程では12時間かけること、その後パーチメントの水洗いが行われ、再度ハンドピックが行われます。そして仕上げの乾燥行程では水分値が最終的に11%になることを目標として行われます。
香り高く甘さと香ばしさが口の中いっぱいに広がります。
爽やかな味わいと心地よい後味が特徴です。 この暑い夏にぴったりのコーヒーです。

COEとは?

カップオブエクセレンスは非常に厳しい審査会において、高く評価されたコーヒーに対して与えられる称号です。
優れたコーヒーが香りや味覚の審査を受け、その素晴らしい特徴により審査・採点されます。
審査会の開催国でその年に生産されたコーヒーの中からカップオブエクセレンスの称号を与えられるのはほんの僅かです。カップ・オブ・エクセレンスのコーヒーは、雑味がなく、際立つ最高品質のスペシャルティーコーヒーだけが持つ、特有の風味、口に含んだ量感、心地よいアロマと活き活きとした甘さが引き立つフレーバーを兼ね備えています
厳しい審査をクリアし与えられたカップオブエクセレンスの称号は、「本当に美味しいコーヒー」なのです。
posted by さき at 15:00| Comment(0) | 今月のコーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

シャルドネ マーケット 

シャルドネ マーケット

2016年 2月7日(日)
10:00〜16:00

シャルドネホーム福井南
越前市大屋町29−1−1
0778-24-5200


DSC_0043.jpg

今年はあまり雪も降らず、なんとなく暖かい日が続きますが
このままイベントも晴れの日を願ってたちばな屋も出店いたします。

他にもカワイイモノ、楽しいこと盛りだくさんですよ♪


posted by さき at 14:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エルサルバドル ラス・ブルマス農園

農園主名:ホアン カルロス ロドリゲス ガルシア氏
地域:アパネカ イラマテペック地区
スコア:85.31
品種:ブルボン

14213304_th.jpg

この農園はエルサルバドル西部のサンタアナ市に位置し、ガルシア氏の農園にはブルボン種のみを植えることをしています。 そして、出来る限り化学肥料は使わずに農園管理を行っています。
このCOEに輝いたこのロットは出品用に区分けされた農園の中から成熟したチェリーのみ収穫され、脱肉処理、発酵処理そして天日乾燥とすべての精製行程において最良の行程を踏まえてきました。

この時期にぴったりの口当たり軽く爽やかでありながら、しっかりとしたコクと質感そして甘みが楽しめます。

http://oideya.com
posted by さき at 14:31| Comment(0) | 今月のコーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

ラ・エスメラルダ パナマ ゲイシャ








今月のコーヒーは
『ラ・エスメラルダ パナマ ゲイシャ』

 品種:ゲイシャ100%
農園:ラ・エスメラルダ農園
標高:1500m〜1700m
精製方法:フリーウォッシュド

ゲイシャ.jpg

エチオピア起源の原種とも言われているゲイシャは粒もとても大きく細長い形をしてます。
ゲイシャ種は栽培がとても難しく、あまりに生産性が低いため、現在は非常に希少価値のある品種となってます。

このエスメラルダ農園は豊かな降雨に恵まれ、農園内にも天然林が保護されているなど豊かな自然環境に恵まれています。
また、農薬を使わずに完熟実だけを手摘みし、収穫後の加工も細心の注意を払っているなど
世界最高のコーヒーが生産されるのにふさわしい農園と言えるでしょう。
フローラルの香りと柑橘系のフレーバーそして、スッキリとした酸味が特徴です。ぜひ、味わってみてください!!

たちばな屋ネット
http://oideya.com
posted by さき at 16:17| Comment(0) | 今月のコーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月05日

インドネシア スラウェシ アラビカ トラジャ

今月のおすすめコーヒーは
『インドネシア スラウェシ アラビカ トラジャ』

生産国:インドネシア
標高:1200m
エリア:スラウェシ島
農園:トラジャ高原、カロシ地区
品種:ティピカ他
精製方法:ウォッシュド
DSC_0691.jpg

インドネシアは有数のコーヒー輸出国です。
ジャワ島をはじめ、スマトラ島、ティモール島、ニューギニア島、そしてトラジャ産コーヒーの産地・スラウェシ島でコーヒー栽培が行われています。
その多くはロブスタ種(日本ではジャワ・ロブスタが有名)ですが、アラビカ種ではスマトラ島産地のマンデリンコーヒーが良く知られています。

トラジャ産コーヒーはなかでも格別で、インドネシア国内でも高級品として位置づけされているだけでなく、世界のコーヒー消費国から特別高級品として高く評価されています。
収穫量が少ないため、かつては“幻のコーヒー”として珍重された逸品。
その深い味わいは、今でも世界中のコーヒー通から愛されています。

酸味はほとんどなく、しっかりとした深いコクと後にのこる甘味、
やわらかい口当たりをお楽しみくださいませ ^^) _旦~~

http://oideya.com
posted by さき at 13:29| Comment(0) | 今月のコーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする