2019年03月04日

メキシコCOE #24 サンパブロ農園

今月のおすすめコーヒーは『メキシコCOE サンパブロ農園』

DSC_0353.jpg

農園:サンパブロ農園
品種:ブルボン
標高:1400m

メキシコ808_pic02.jpg

サン・パブロ農園は、メキシコ・スペシャルティ・コーヒーで有名なオアハカ州サンミゲル デル プエル地区の丘陵地帯に位置します。農園はホルン一家が自然の中でコーヒー生産の共存を考え、生態系維持、有機農法を取り入れて生産しており、有機認証、バードフレンドリーなどの認証を取得しています。
こうした丘陵地帯の自然の中で育つコーヒーは、他の農園よりも熟すまでに時間がかかり、これによって糖度が非常に増し、はっきりとした輪郭のあるコーヒーになります。
この熟したチェリーは、熟練のピッカーが規定された収穫タイミングを見計らい、一定の品質が維持できるように心がけて作業を行います。またそれ以降のパルピング、乾燥、レスティング…と輸出までの間も同じように作業工程が規定化されており、自然の中で出来た最高の一杯になる様に作られます。

メキシコ808_pic01.jpg

香りも華やかで口当たりも柔らかく、ストロベリーやラズベリー、キャラメルを思わせるような味わいのコーヒーです。  


COEとは?

カップオブエクセレンスは非常に厳しい審査会において、高く評価されたコーヒーに対して与えられる称号です。
優れたコーヒーが香りや味覚の審査を受け、その素晴らしい特徴により審査・採点されます。
審査会の開催国でその年に生産されたコーヒーの中からカップオブエクセレンスの称号を与えられるのはほんの僅かです。
厳しい審査をクリアし与えられたカップオブエクセレンスの称号は、「本当に美味しいコーヒー」なのです。
posted by さき at 13:15| Comment(0) | 今月のコーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: