2018年10月02日

イエメン クラシック モカ

今月のおすすめコーヒーは『イエメン クラシック モカ』

35453330.jpg

品種:イエメン
標高:2000m
精製方法:ナチュラル

「モカ」はイエメン紅海に面した港町の名前です。
ヨーロッパで始めてコーヒーが売り出された1661年。
モカ港から積み出されたコーヒー豆はアムステルダムに渡り知られるようになりました。これをきっかけに、ヨーロッパの人々は安いコーヒーを大量に確保するため、各国の植民地にモカの苗を持って行きコーヒーの栽培を始めました。

コーヒー豆は山岳地帯 (標高1,000〜3,000m) の段々畑で栽培されており、雨が多く霧のかかることが多い地域です。
このあたりのコーヒーの木は原生種に近いので、生み出されるコーヒー豆は素朴でありながら気品ある甘酸っぱいコーヒーになっています。
ハイマー部族の人々により昔から大切に守られ、手摘みされたコーヒーをじっくりと時間をかけて天日乾燥しました。

独特の香りとコク、ほんのりとした甘みをお楽しみください。

http://oideya.com
posted by さき at 15:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: