2018年05月08日

コロンビアCOE ロス・ラウレレス農園

今月のおすすめコーヒーは『コロンビアCOE #22 ロス・ラウレレス農園』

農園:ロス・ラウレレス農園
品種:コロンビア
標高:1700〜1750m
colombia2017COE.jpg
トリマはコロンビアの中西部に連なるアンデス山系のちょうど真ん中あたりに位置し、プラナダスはそのトリマの中でも最南部、ウィラに接する地域に広がるコロンビアでも指折りの肥沃な土壌を有する地域です。
農園主であるハビエル氏は25年間コーヒー生産に従事しており、家族の代々から引き継がれ現在で3代目にあたります。 家族が一生をコーヒー生産に励み、常に高品質のコーヒーを生み出すことを考えながら栽培しています。 ロス・ラウレレス農園の土壌や木々は常に良い状態を保って、コンスタントに品質を向上することが成果をあげた生産に繋がっています。

  COEとは?

カップオブエクセレンスは非常に厳しい審査会において、高く評価されたコーヒーに対して与えられる称号です。
優れたコーヒーが香りや味覚の審査を受け、その素晴らしい特徴により審査・採点されます。
審査会の開催国でその年に生産されたコーヒーの中からカップオブエクセレンスの称号を与えられるのはほんの僅かです。
厳しい審査をクリアし与えられたカップオブエクセレンスの称号は、「本当に美味しいコーヒー」なのです。
posted by さき at 16:04| Comment(0) | 今月のコーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする