2017年05月06日

インドネシア フローレス島 コモドドラゴン

今月のコーヒーは『インドネシア フローレス島 コモドドラゴン』

doragonn.jpg

生産地域:インドネシア東部 フローレス島
標高:1100m〜1700m
品種:ティピカ、カツーラ
精選:スマトラ式精製法

インドネシア フローレス島西部のコモド島では世界最大のオオトカゲ『コモドドラゴン』が生息します。

フローレスアラビカの産地は標高1100〜1700m程度。防虫剤や殺菌剤はもちろん、肥料も発酵果肉のみといった伝統的な方法で育てられ、丁寧に手摘み収穫されたチェリーは、ドライファーメンテーション(非浸水発酵/12-16時間)後、Gilling Basahと呼ばれるスマトラ式で精製されます。

酸味が少なく、口当たりがやわらかい甘い後味がお楽しみいただけます。

http://oideya.com
posted by さき at 16:20| Comment(0) | 今月のコーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする