2017年09月02日

ミャンマー SEIZAN 星山

今月のおすすめコーヒーは

『ミャンマー アラビカ SEIZAN 星山』

生産地域:マンダレー地方
標高:1000m〜1100m
品種:SL34、カツアイなど
精製方法:ウォッシュド・サンドライ

DSC_1370.jpg

現在、急速に経済が発達しているミャンマーよりアジアンスペシャルティと呼ぶのにふさわしいアジアンコーヒー『SEIZAN』が登場しました。
ミャンマーは近隣のインドネシアやベトナムの陰に隠れてあまり目にする機会はありませんでした。昔からコーヒーの栽培の歴史は長く、100年以上の歴史を誇っております。 この『SEIZAN』はミャンマーの夜空に輝く星々の様に輝いてほしいという願いとこれからのミャンマーコーヒーを担って行く一番星になって欲しいという思いから名づけられました。
フルーティーなフレーバーを感じつつ後味はクリーンで、非常に甘味と酸味のバランスがとれた味わいになってます。

http://oideya.com
posted by さき at 15:31| Comment(0) | 今月のコーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

インドネシア スラウェシアラビカ トラジャ

今月のおすすめコーヒーは
『インドネシア スラウェシアラビカ トラジャ』

生産国:インドネシア
標高:1200m
エリア:スラウェシ島
農園:トラジャ高原、カロシ地区
品種:ティピカ他
精製方法:ウォッシュド

DSC_0691.jpg

スラウェシ・アラビカコーヒーは気候条件の整った
限られた高地だけで栽培する事が出来ます。
まろやかさを併せ持った他に類を見ないコクは
多くのコーヒー愛飲家に絶賛されています。


太陽と自然の恵みをたくさん受けて育ったコーヒーはとても大粒でマンデリンよりも口当たり柔らかく飲みやすいコーヒーです。酸味が苦手という方に気に入ること間違いなし!!

http://oideya.com
posted by さき at 14:21| Comment(0) | 今月のコーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

大好評!!水出しあいすコーヒー

いつまでも蒸し暑い日がつづきますね( *´艸`)

こんなに暑いときはアイスコーヒーが飲みたい!!

そんなときに一番おすすめなのが水出しのアイスコーヒー

しかも、パックに詰めてあるのでとっても手軽に美味しいアイスコーヒーが飲めちゃうんです。

まだ、飲んだことない方は7月がおすすめ!!

今月のおすすめコーヒーは水出しあいすコーヒーをお安くして販売いたします。

ぜひ、味わってみてください( ^^) _U~~
『水出しあいすコーヒー』

IMG_20150702_113816.jpg

苦味が少なくしっかりとしたコクとまろやかな味わいのある『こくまろ』

スッキリ爽快なあじわいのある『さわやか』


あなたならどっちを選ぶ??

posted by さき at 13:18| Comment(0) | 今月のコーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

コスタリカ グラニートス オルティス2000

今月のおすすめコーヒーは
『コスタリカ グラニートス オルティス2000』

costarica2.jpg

生産地域:タラス・ドタ


生産高度:1800〜2000m


精選方法:ハニー、ウォッシュド


品種:イエローカトゥアイ、レッドカトゥアイ



コスタリカのタラスエリアはスペシャルティコーヒーの大産地である。
その中でもドタは胃炎からコーヒーの名産地として知られています。
みずみずしい透明感のあるフルーツをおもわす風味が特徴的で近年、特に注目を集めている産地です。


costarica1.jpg
オルティス2000の名前は標高2000mにあることを指しています。
ドタエリアでも一番高い位置にあり、冷涼な気候の中、チェリーの熟成はとてもゆっくりと進んでいきます。
このゆっくりした熟成がコーヒーの豊かなフレーバーと品質につながります。


costarica3.jpg

これから暑くなる季節にぴったりのフレッシュ感をお楽しみください。

http://oideya.com


posted by さき at 15:47| Comment(0) | 今月のコーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

インドネシア フローレス島 コモドドラゴン

今月のコーヒーは『インドネシア フローレス島 コモドドラゴン』

doragonn.jpg

生産地域:インドネシア東部 フローレス島
標高:1100m〜1700m
品種:ティピカ、カツーラ
精選:スマトラ式精製法

インドネシア フローレス島西部のコモド島では世界最大のオオトカゲ『コモドドラゴン』が生息します。

フローレスアラビカの産地は標高1100〜1700m程度。防虫剤や殺菌剤はもちろん、肥料も発酵果肉のみといった伝統的な方法で育てられ、丁寧に手摘み収穫されたチェリーは、ドライファーメンテーション(非浸水発酵/12-16時間)後、Gilling Basahと呼ばれるスマトラ式で精製されます。

酸味が少なく、口当たりがやわらかい甘い後味がお楽しみいただけます。

http://oideya.com
posted by さき at 16:20| Comment(0) | 今月のコーヒー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする